SACHET~サシェ~のひとりごと

小平市にある大人の女性のための隠れ家リラクサロンSACHETのセラピストのブログです。                                                        アロマ、オススメのモノ・コト、日々思うコトetc.気の向くままに綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ&イスタンブール旅行記 その12

みなさん こんばんは

小平市一橋学園駅から徒歩2分 アロマテラピーリラクゼーションサロン

SACHET〜サシェ〜のブログにご訪問いただきありがとうございます


旅行記が終わらないうちにとうとう1年経ってしまいましたが

ギリシャ&イスタンブール旅行記の続きです。

前回までのはこちらから         10 11


6日目 7月29日(月) アテネからイスタンブールへ

3泊4日のエーゲ海クルーズを終え、朝起きるとピレウス港へ入港していました。

クルーズ船での最後の朝食を食べて下船。

P7299844.jpg

手ぶらでシャトルバスで移動。

昨日の夜部屋の前に出して運んでもらったスーツケースを受け取りに行きます。

P7299848.jpg

既に降ろされている大量のスーツケースの中から自分のを捜索。


荷物を受け取ったらツアーバスに乗り換えて出発です。

ピレウスから南東に伸びる全長約70kmの海岸線

アポロコーストをスニオン岬へ。

P7299862.jpg



ピレウスを出発してしばらくは右側にはビーチが点在し、

P7299865.jpg





左側には住宅が立ち並びます。

P7299872.jpg


海岸線を少し離れた峠道のカーブのガードレールに白い小さな教会が。。

P7299875.jpg

その場所で交通事故で亡くなった方のご遺族が祈りを込めて作ったものだそう。


途中でバスを停め、タイム。

スニオン岬の断崖に建つポセイドン神殿。

P7299878.jpg

写真を撮ったら現地へ向かいます。



駐車場からポセイドン神殿へ向かう途中の景色。

P7299906.jpg

ギリシャの夏はほとんど雨が降らないので緑が少ないです。


こんな鳥がたくさんいました。

P7299888.jpg


花とポセイドン神殿。

P7299901.jpg



暑い中修復作業をしていました。

P7299909.jpg



近くで見るポセイドン神殿。

P7299919.jpg


崖の先端に建っているので

P7299912.jpg


下を覗くとお尻がムズムズしてきちゃいます。

P7299926.jpg


このポセイドン神殿から見る夕日もうとても美しいらしいです。

神殿と夕日の写真撮りたかったなぁ。。。


時間が限られているのでまたバスで移動です。

アポロコーストの景色は美しく見ていて飽きません。

P7299945.jpg


まさにリゾートって感じのビーチ

P7299941.jpg

泳ぎたかったなぁ。。。


バス移動中にはギリシャ人ガイドさんが

日本語で書かれたフリップを使って

日本とギリシャの違いを色々と説明してくれました。

P7299939.jpg

この資料数字を見ると結構古い気もしますが


そうこうしているうちにお昼近くなり、シーフードレストランでのランチタイム。

P7299984.jpg


窓のないオープンエアーの気持ち良い空間。

P7299948.jpg


出てきたのはイカのフライや小魚のフライ、謎の魚のグリルなど。。

すっごく美味しいとは言えませんが

lunch


美しい景色とさえあれば満足です


P7299956.jpg



お店の人から浜辺に降りれる事を教えてもらい降りてみました。

P7299968.jpg


水が澄んでて超キレイ

P7299963.jpg


あまりのキレイさに思わずサンダルを脱ぎ捨て入っちゃいました。

P7299971.jpg

この旅最初にして最後の海体験。

ほんの5分間ほど足を付けただけでしたが、

エーゲ海に入れたということだけで嬉しかったです。


ウキウキしながらレストランに戻ると衝撃のひと皿が

P7299979.jpg

スイカにフォーク突き刺してあります。

母に聞くと最初からこの状態だったとか

日本人にとっては非常識に思えてしまいますが

文化の違いなんでしょうね。。


食事の後はまたビーチを横目に空港へ向かいます。

P7299989.jpg


老若男女様々な方が海水浴を楽しんでいました。

P7299987.jpg

やっぱりヨーロッパの方は日光浴や海水浴がお好きなんですね。



海岸線を離れ、空港へ近づくと見覚えのあるカラーの建物。

P7299994.jpg

ギリシャのIKEAはどんな品揃えなんでしょうね。


そして空港に到着。

P7299996.jpg


アテネからイスタンブールへ移動です

P7299999.jpg



名残惜しいですがギリシャとはサヨナラです。

P7290009.jpg


ギリシャには大小3000近い島があるそう。

P7290013.jpg

今回はアテネと4つの島を見ただけですが

とっても魅力的な国でした。


感慨にふけっている暇もなく機内食が配られます。

P7290014.jpg

アテネからイスタンブールまで約1時間20分という短時間のフライトなのに

かなりボリューミー

ちょっとつまみながらワインを飲んでいると

あっという間にイスタンブール上空です。

P7290015.jpg


上空からの街の雰囲気もギリシャとはがらっと違います。

P7290017.jpg


そして無事に着陸。

P7290027_1.jpg


ギリシャ語も見慣れない感じでしたが、

トルコ語もアルファベットにちょこちょこおまけがついてて物珍しい感じです。

P7290021.jpg



イミグレーションに並んでいる時にひときわ目立つ男性発見。

正面からなので見えませんがスーパーマンの赤いマントをつけてます。

P7290019.jpg

その名もSUPER CYCLING MAN

慈善団体への寄付集めや自転車の啓蒙活動の為に

地球1周しようとしてるお方のようです。


空港を出てバスで今日のホテルへ向かいます。

幹線道路にはいたるところに花があってとてもキレイな印象です。

P7290029.jpg


トルコといえば赤。大学の看板も赤でした。

P7290033.jpg


夕方で道路がかなり混み合っています。

P7290041_1.jpg


道沿いに見えるテオドシウスの城壁。

413年に造られたもの。数々の敵国の攻撃にも関わらず

1千年以上もコンスタンティノープルを守った難攻不落の城壁です。

P7290044.jpg


そうこうしているうちにバスはホテルに到着。

このツアーの中で一番豪華なホテルでした。

P7300051.jpg


アラベスク柄がいたるころに取り入れられシックな雰囲気

P7300136.jpg



部屋に入るとテレビ画面にトルコ語で歓迎のメッセージ

P7300059.jpg




部屋も広々として申し分ないのですが

P7300054.jpg




ただ1つだけ気になるのがバスルーム。

P7300052.jpg

そこだけ何故かかなりムーディーな照明


部屋でちょっと一息ついた後はホテルのレストランのディナー。

今日はほとんど歩いていないのに食べてばかり

野菜たっぷりの伝統的なトルコ料理でした。

トルコご飯

あんまりお腹空いてなかったけど

美味しくペロリと頂きました。


夕食後が終わったのが9時前。

普通なら部屋でゆっくりくつろぐところですが。。

ブルーモスクやアヤソフィアの夜のライトアップが見たかったので

思い切って出かけることに。


ホテルの前からタクシーを拾い、いざ出発

P7300070.jpg

乗った時は英語が通じそうな感じだったけど実はほとんど通じなかった

腕にタトゥーがびっしり入った若い運転手さんだったので内心かなりドキドキ



見知らぬ土地で夜のハイウェイをかなりのスピードで走るタクシー

ちゃんと目的地に向かっているのか不安なのでGPSでチェックしつつ

P7300067.jpg

そんなドキドキ感も旅の醍醐味


運転手さん目的地の場所が分からなかったようで

途中で車を降りて近くの人に道を聞いてくれています。

P7300071.jpg

見た目はちょっと怖かったけど良い人で良かった

英語は通じないけどトルコ語の指差し会話ブックが役に立ちました。


30分弱で無事目的のホテルに到着。

母は相当不安だったらしく、後部座席で一人到着まで一言も発しませんでした(笑)


最上階のテラスレストランから3つの世界遺産を同時に見れるホテルアルカディア

ホテルの前の道は工事中で車が入れず土の状態。

代わりに?猫ちゃんがお出迎えしてくれました。

P7300073.jpg


エレベーターで屋上まで登り、テラス席に案内してもらうと。。。

P7300093.jpg

目の前にドドーンとライトアップされたブルーモスクが

ラマダン期間中だったのでいつもと違うライトアップらしいです。


左に目をやると2つめの世界遺産アヤソフィア。

P7300094.jpg

どちらも明日の観光で訪れる場所です。

もう1つの世界遺産トプカプ宮殿も見えるはずなのですが、発見できず


でも2つの世界遺産のライトアップを見ながらのは格別でした。

P7300081.jpg


あまり乗り気でなかった母も来てよかったと大感動の景色

P7300079.jpg


いつまででも見ていたかったです。

P7300080.jpg


あまり遅くなっても危ないので1時間ほどでホテルへ帰ることに。

ラマダン(断食月)は昼間は食事をしないのですが

日没後は広場に屋台などが出てお祭りのような雰囲気になります。

ホテルを出ると近くで賑やかな音楽が聞こえてきていたのでちょっと寄り道。

ステージではものすごい大音量の演奏が行われていました。

P7300100_20140731234128711.jpg

メフテルというトルコの軍楽隊でした。

思いがけず良いものが見れちゃいました


その後ホテルまでどうやって帰ろうかとガイドブックを見ていると

トルコ人の男性が英語で話しかけてきて

最寄りの駅まで案内して切符の買い方まで教えてくれました。

P7300101_201407312341295ba.jpg

トルコ人に親日家が多いという噂は本当だったようです。


スルタンアフメット駅からトラム(路面電車)に乗ります。

P7300102.jpg



近代的なカラフルでステキな車両です。

P7300103.jpg



トラムの出口改札。バーを回して外に出ます。

P7300106.jpg


トラムを降りてタクシーを拾いホテルへ。

自由時間の無いツアーでしたが、

ほんのちょっとだけ冒険出来て良い思い出が出来ました

残すところあと1日。明日はイスタンブールの市内観光ですが、

続きはまた次回ということで。。。



今日も最後まで読んでいただきどうもありがとうございます



ブログランキングに参加しています。↑をポチッとしていただけると嬉しいです!

どうぞよろしくお願いいたします


サロンのご予約はこちらのサイトよりお待ちいたしております。

バナー


SACHETは小平市にあるアロマテラピー&リラクゼーションサロンです。
西武多摩湖線・一橋学園駅より徒歩2分
国分寺駅まで最短で5分。近隣にコインパーキングがございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

サシェ

Author:サシェ
東京都小平市 西武多摩湖線一橋学園駅より徒歩2分 JR武蔵野線新小平駅より徒歩18分にあるアロマテラピー&リラクゼーションサロン SACHET~サシェ~のセラピストをしております。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。