SACHET~サシェ~のひとりごと

小平市にある大人の女性のための隠れ家リラクサロンSACHETのセラピストのブログです。                                                        アロマ、オススメのモノ・コト、日々思うコトetc.気の向くままに綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ&イスタンブール旅行記 その10

みなさん こんばんは

小平市一橋学園駅から徒歩2分 アロマテラピーリラクゼーションサロン

SACHET〜サシェ〜のブログにご訪問いただきありがとうございます



今日もまたまたギリシャ&イスタンブール旅行記の続きです。

前回までのはこちらから        


5日目 7月28日 クレタ島観光編

いつもは早起きが苦手な私ですが旅先ではかなり早起き。

とは言っても日の出時刻は6時半ぐらいなので起きたのは6時ちょっと前ですが。。

この日の午前中の寄港地はギリシャ最大の島クレタ島のイラクリオ。

屋上の甲板に出ると既に船は停泊していました。

P7289400.jpg

日の出前の朝焼け。このグラデーションが見たかったんです。

早起きした甲斐がありました。


身支度を整え、朝食を食べ今日の観光へ。

この日は船のオプショナルツアーでクノッソス宮殿観光に参加しました。

P7289424.jpg

ほぼノーチェックの出入国審査ゲートを通り抜け、いざ出発。

バスに乗って出かけますが、今日は日本人専用ではなく外国人の方も一緒の観光ツアー。

同じクルーズ船に乗っているJ○Bのツアーに同行させてもらう感じ。


バスの中から見えたヴェネツィアの砦。

P7289434.jpg

ベネツィアが支配していた時代にトルコ人の侵入を防ぐために造られた要塞です。


砦は街の中にも続いていました。

P7289428.jpg


バスに乗り30分ほどで到着したクノッソス宮殿。

ヨーロッパ最古の文明であるミノア文明の首都クノッソス。

もともとのクノッソス宮殿は紀元前1900年頃にミノス王が作ったとされているが、

現在発掘されたクノッソス宮殿は紀元前1700年頃に再建されたものだそう。

P7289449.jpg


イギリスの考古学者エヴァンズによってほんの100年ほど前発掘されました。

P7289451.jpg

大小無数の小部屋が入り組んだラビリンス(迷宮)と呼ばれたこの大宮殿、

ギリシャ神話で牛頭人身の怪物、ミノタウロスを閉じ込めた迷宮伝説の舞台ともいわれています。


本日のガイドさん。説明はもちろん英語ですがJ○Bの添乗員さんが通訳してくれました。

P7289455.jpg

ガイドさんが手にしている本のような宮殿が

この場所に紀元前1900年頃に建てられていたそうです。


そんな想像を超える遥か昔の宮殿跡なのでほとんどは土台のみですが。。。

P7289463.jpg


それでも紀元前の建物の一部が目の前にあると思うと感動です

P7289459.jpg


ですが、土台だけでなくコンクリートも交えて勝手に復元されている部分も。。

P7289466.jpg

ところどころびっくりするほど色鮮やかに復元されています。

エヴァンズさんの復元にはやり過ぎという批判もあるそうです。


宮殿の屋根の上などを飾っていた「聖なる牛の角」

P7289475.jpg

魔除けやパワーの象徴を示しているそう。


ピソスという貯蔵用大型土器。

P7289478.jpg

大きすぎて運ぶの大変だったろうなぁ。。



壁画「ユリの王子」

P7289473.jpg


クレタ島はとても緑が多く遠くには高い山も見えました。

P7289487.jpg

なんと驚くべきことに、あの遠くの山から飲料水を引いていたそう。


こちらは壁画の複製「雄牛跳び」

P7289489.jpg


「青の婦人たち」

P7289491.jpg

実物は「ユリの王子」の壁画と共に、イラクリオ考古学博物館にあるそう。


あ、ワンコ発見!

P7289511.jpg

犬猫を発見すると嬉しくなってしまいます(笑)


このあたりは計5階建ての建物だったとか!

上の方は修復されてたものだけれど、下の方は発見当時のままだそう。

P7289514.jpg

下の階まで採光できるような設計になっていたそうです!



人が集まる集中する人気の部屋へ向かいます。

P7289527.jpg

なにげにワンコも一緒に移動中。


こちらは「王の間」

P7289505.jpg

壁にはグリフィン(空想の獣―頭が鷲で体がライオン)が描かれ

壁に密着したアラバスタ(雪花石膏)製の玉座がありました。


そしてこちらは「王妃の間」

P7289537.jpg

イルカや魚、ウニなどが描かれている壁画が印象的です。

クノッソス宮殿はいたるところに壁画がある華やかな宮殿だったようです。


見た目が華やかなだけでなく、設備面でもとても優れていた証拠がコレ。

P7289547.jpg

グレーチングの隙間から見える所々粉々になっている茶色い管。

なんと粘土でできた給水管だそうです!

宮殿内は飲料水用、雨水用と下水用の3通りの給排水システム完備。

紀元前の遥か昔に既に上下水道設備があったなんてびっくりですよね!!



そしてこちら、見るからにやりすぎ感満載ですが

北入口の見張り所の「野牛狩り」の浮き彫り壁画(もちろん複製)

P7289553.jpg



こちらは劇場だそうです。

P7289556.jpg

石段部分が観客席で下の平らな部分が舞台。

これで広いクノッソス宮殿観光は終了。

そろそろあまりの暑さに頭がボーッとしてきた頃だったのでホッとしました。

お土産物屋をのぞきつつ、バスへ戻りました。


そして港へ到着。

P7289569.jpg


お腹がすいたので船へ戻ってお昼をご飯です。

P7289571.jpg


クルーズの旅最後の寄港地は一番楽しみだったサントリーニ島

予定では到着まで5時間程。

この間に船内のスパでアロマトリートメントの予約をしてあったので

母と2人で施術を受けに出かけました

前半の旅の疲れをリセットして後半に備えます。

移動中に極楽気分を味わえるなんてクルーズの旅って最高


と、今日のところはここまでにさせていただきますね。


今日も最後まで読んでいただきどうもありがとうございます



読んだよーの印に↑をポチッとしていただけると励みになりますので

どうぞよろしくお願いいたします


サロンのご予約はこちらのサイトよりお待ちいたしております。

バナー


SACHETは小平市にあるアロマテラピー&リラクゼーションサロンです。
西武多摩湖線・一橋学園駅より徒歩2分
国分寺駅まで最短で5分。近隣にコインパーキングがございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

サシェ

Author:サシェ
東京都小平市 西武多摩湖線一橋学園駅より徒歩2分 JR武蔵野線新小平駅より徒歩18分にあるアロマテラピー&リラクゼーションサロン SACHET~サシェ~のセラピストをしております。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。